司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断
 

自己破産とは

 

裁判を通じて行う債務整理の1つで、最もハードルが高いです。

その代わり、現在ある借金は全て返済義務が無くなりますから、今後の生活をやり直すことが出来ます。

 

デメリットも確かにありますが、借金ゼロというのは非常に大きな魅力ですから、一度検討してみる価値はあると思います。

ちなみに、年間7万件ほど自己破産の手続きが行われています。

 

自己破産のメリット

 

 

〇現在ある借金に対して取り立てが無くなる
生活を改めてやり直す事が出来る

これが唯一にして最大のメリットです。

今ある負債をすべて清算する事が出来ますから、究極の救済措置であり最終手段という所ですね。

 

自己破産のデメリット

 

 

〇高額の資産を手放す必要がある
​⇒ほとんどのケースで車や家は持てない
 ↑
現金(99万円以下)や車(見込み額が20万円以下)などは所有が認められるケースが多い

〇自己破産申請が承認されないケースがある
⇒資産を隠したり、借金理由がギャンブルや転売行為・浪費だった場合などは、自己破産の手続きが承認されない

〇信用情報機関に登録される
5年~10年程度はローンやクレジットカードの審査が通らない

〇官報に名前と住所が掲載される
⇒債務整理をした事は官報を探せば分かるが、見る人が少ないのでバレる可能性は低い

〇弁護士費用が高い
⇒裁判所を通じて行う手続きなので他の債務整理より高額になる

〇手続き中は職業や資格の制限を受ける
⇒弁護士や司法書士・保険外交員・古物商・警備員・宅地建物取引主任者などの職業に就いている場合は仕事が出来なくなる

〇郵便物が転送される
⇒裁判所の許可があれば破産管財人(自己破産手続きを管理する人)に郵便物が転送されますから、直接受け取れない場合があります。

 

必要な費用に関しては、<こちらの記事>も参考にしてください。

 

自己破産のまとめ

 

 

資産を手放したり手続きにかかる時間も制限もありますが、やはり返済義務が無くなるのは大きいですね。

いくつもデメリットとして挙げていますが一時的なものも多いですから、メリットとデメリットを比較・検討してみてください。

 

最初に書いた通り、自己破産の手続きは年間7万件ほど行われています。

とはいえ弁護士事務所も数はドンドン増えてきているので、自己破産の実績がない事務所も中にはあるでしょう。

自己破産の手続きを依頼する場合は、弁護士費用の安さだけじゃなく、しっかりした実績があるかどうかも確認しましょう。

 

相談料や流れについては<こちらの記事>にまとめています。

 

 

 

このサイトは、借金500万円を抱え2017年に債務整理を行った私が、債務整理の体験談や種類・メリットデメリットについて詳しくまとめています。

個人再生のおかげで、借金総額500万円は100万円になりました。そのおかげで、今の生活は何とか快適に送れています。

借金が膨らんで生活が苦しくなってきたら、自力で何とかしようとするよりもまず専門家を頼りましょう。

 

債務整理をしている人はたくさんいますし弁護士費用以上に借金が減りますから、思っているよりもハードルは低い手続きです。

続きはこちら

 

<他の記事一覧>

© 2019 債務整理 rss