司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断
 

​債務整理を弁護士に依頼する時には、様々な費用が発生します。

これは弁護士事務所ごとに異なりますが、債務整理の種類によって相場は決まっています。

 

目次
過払い金請求
任意整理
個人再生
自己破産
​・債務整理にかかる費用まとめ

 

弁護士費用自体は高くても債務総額がグンと減るなら、やっておかないと損です。

分割払いに対応している弁護士事務所もあるので、着手金などすぐに支払うのが難しい場合は一度ホームページを確認してください。

 

過払い金請求にかかる費用

 

 

過払い金請求の場合は、債権者(貸金業者など)の数によって費用が変わります。

消費者金融やカード会社などが多ければその分高くなりますから、あまり過払い金返還が期待出来ない債権者に対しては、返還請求を行わない方がオトクなケースもありますね。

 

相場としては、

着手金:1件2万円
成功報酬:返還請求出来た金額の20%
※訴訟に発展すると25%程度

このようになっています。

 

相談料や流れについては<こちらの記事>にまとめています。

 

任意整理にかかる費用

 

 

任意整理の場合も、債権者の数によって異なります。

任意整理は、将来分の利息や遅延損害金(延滞金)のカットについて弁護士が直接債権者と交渉する手続きなので、債権者が多ければその分費用がかかります。

 

相場としては、

着手金:1件4万円
報酬金:減額された債務総額の10%

これぐらいです。

 

任意整理は債務整理の中で一番簡単な手続きですが、交渉が上手く行けば将来分の利息や遅延損害金のカットをしつつ、返済期間を3年もしくは5年に延ばすことが出来ます。

返済する元本は変わりませんが、トータルの返済額が約189万円から150万円まで安くなったり、毎月の返済額が3万円から1.7万円になるケースもあります。

 

利息が無くなる上に返済期間が延びるので、任意整理前と比べるとかなり楽になると思います。

弁護士さんに相談して交渉が上手く行く見込みがあれば、利用する価値はありますよ。

 

相談料や流れについては<こちらの記事>にまとめています。

 

個人再生にかかる費用

 

+

 

個人再生の場合は裁判所を通じて行う債務整理で、債権者ごとに費用は発生しません。

債務総額に応じてかなり大幅に減額出来ますから、事前に行う相談でいくらぐらい安くなるかの見通しを教えてもらいましょう。

 

弁護士費用の相場としては、債務総額に関係なく「30~50万円」ぐらいが一般的ですね。

 

ただし、裁判を行うので弁護士費用とは別にお金がかかります。

・収入印紙:1万円
・官報公告費(予納金):1.2万円
・郵便切手代:5~6000円程度
・個人再生委員への報酬:20万前後

 

個人再生や自己破産をすると、国が発行する「官報」に氏名や住所が掲載されます。

官報公告費は、この掲載費となります。

 

個人再生委員は、個人再生へ向けて経済状況をチェックしたりサポートを行う人で、東京地裁では弁護士がいたとしても個人再生委員が選任されます。

東京地裁以外では、弁護士がいる場合は選任されない場合もありますので、その場合は個人再生委員への報酬は不要となります。

 

裁判所によって異なりますので、東京以外にお住まいの方は選任されるかどうか弁護士事務所で確認してみてください。

また、任意整理以外は着手金が10万円を超えるので、クレジットカード払いや分割払いが出来る所をオススメします。

 

相談料や流れについては<こちらの記事>にまとめています。

 

自己破産にかかる費用

 

 

自己破産も裁判所を通じて行う債務整理ですから、債権者が多くてもあまり影響はありません。

家や財産をほとんど失う代わりに債務の返済義務が無くなりますから、最終手段といったところですね。

 

弁護士費用の相場としては、債務総額に関わらず「25~40万円」ぐらいです。

弁護士事務所によって、着手金0円・報酬金30万円だったり、逆のケースもあります。

 

ただし自己破産の場合も個人再生と同様に、弁護士費用とは別のお金もかかります

・収入印紙:1,500円
・官報公告費:1~1.3万円
・郵便切手代:4~1.5万円程度
・管財費用:20万円前後

 

管財費用とは、申立人(自己破産を申請した人)の経済状況を調査したり現金に換える手続きをしてくれる「破産管財人」への報酬です。

自己破産には2種類あって、破産管財人が関わる「管財事件」と、関わらずに手続きがすぐに終わる「同時廃止」があります。

同時廃止の場合、管財費用は不要です。

 

「管財事件」と「同時廃止」のどちらで自己破産を行うかは、自己破産の手続きをするためのお金があるかどうかで決まります。

「自己破産手続きにかかる費用」 >「 申立人の総資産」となっている事が多いので、個人の自己破産では、「同時廃止」が行われる事がほとんどです。

 

債務整理にかかる費用まとめ

 

 

今回は弁護士費用を中心にまとめてきましたが、いかがでしょうか。

手続きの難易度としては「任意整理<個人再生<自己破産」ですから、大体この順番に高くなります。

 

今回まとめた費用を表にすると、こうなります。

 

  費用
過払い金 1件約2万円
​報酬20%程度
訴訟25%程度
任意整理 1件約4万円
​報酬10%程度
個人再生 約30~50万円
その他費用あり
自己破産 約30~40万円
その他費用あり

 

返済に苦しんでいる最中に弁護士費用を捻出するのは難しいものですから、出来れば早い段階で手続きを進めたい所です。

私の場合は月々の返済額と収入・貯蓄を計算して、半年以内に首が回らなくなる可能性が高かったので、早めに弁護士へ依頼しました。

 

その結果、個人再生の手続きをして借金が600万から120万円まで減ったので、弁護士事務所に60万円ちょっとを払ってでもお願いして良かったです。

債務総額が減れば不安もグッと減って、食事が美味しく感じたり趣味が思いっきり楽しめるようになります。

今苦しい方や今後厳しくなりそうな方は、早めに債務整理の相談をしてみてください。

 

相談料や流れについては<こちらの記事>にまとめています。

 

 

 

このサイトは、借金500万円を抱え2017年に債務整理を行った私が、債務整理の体験談や種類・メリットデメリットについて詳しくまとめています。

個人再生のおかげで、借金総額500万円は100万円になりました。そのおかげで、今の生活は何とか快適に送れています。

借金が膨らんで生活が苦しくなってきたら、自力で何とかしようとするよりもまず専門家を頼りましょう。

 

債務整理をしている人はたくさんいますし弁護士費用以上に借金が減りますから、思っているよりもハードルは低い手続きです。

続きはこちら

 

<他の記事一覧>

© 2019 債務整理 rss